大正天皇の大喪儀

大正時代半ばから体調が悪化していた大正天皇は1926年11月頃から病状が悪化し、12月25日1時25分に葉山御用邸にて崩御。大葬儀は翌年2月7日から翌日にかけて行われた。葬列は6キロに及び、沿道では150万人が見送った。
大正天皇大葬儀記録
知の木々舎
大正


歴史映像資料館