桜木町事故


桜木町事故1

桜木町事故2

桜木町事故3

桜木町事故4

1951年4月24日の昼過ぎ、京浜東北線桜木町駅でおきた列車火災事故。作業員のミスで垂れ下がってしまった架線と進入してきた列車のパンタグラフが絡まってしまいパンタグラフが破損、それにより火花が発生し木製の車両に着火し炎上した。列車の先頭車両が全焼、2両目が半焼して計106名が死亡、92名が負傷した。自動扉は短絡を起こし開かず、非情コックの場所を誰も知らず手動で開けることもできなかったため車両から脱出することが出来ず被害が拡大した。車両貫通路も内開きでしかも外から鍵がかかっていたため、二両目は開けることは出来たものの、先頭車両は乗客の圧力で開けることが出来なかった。また事故がおきた車両では窓が三段構造になっており中断が固定されていたため窓から出ることも出来なかったという。国鉄戦後五大事故のうちの一つ。

歴史映像資料館